前へ
次へ

買取依頼時に発生する様々な手数料について

貴金属やブランド品、切手や硬貨等不要になった品物を買取りに出した時に、様々な手数料が差し引かれることがあります。例えば自宅まで足を運んでもらい査定してもらった場合の出張料であったり、売買が成立しなかった際に発生する品物返送料などです。その他にも例えば金買取りの場合は、あらかじめ品物代金から溶解料と溶解により目減りするであろう金の代金を手数料として差し引くケースがあります。これは金の場合は品物を一度溶かしてから利用することが多く、この作業にかかる料金と目減り分が別途業者の負担となることから発生する手数料です。尚、これらの手数料には特に法律があるわけではなく、名目や金額など業者によりまちまちです。全く徴収しない業者もあれば、よくわからない名目を並べ立て品物代金の50%前後にも及ぶ高額な手数料を搾取する業者もいます。ちなみに査定後に取引が成立しなかった場合に、査定料という名目で金銭を要求してくるような業者も稀に存在しますので、手数料については依頼前によく確認することが大切です。

Page Top